昨日、インターモトで発表された新型ニンジャ1000は、かなり大きなニュースでした。でも驚くのはまだ早かったのです。なんと逆輸入車ではなく、国内仕様として発売を調整中と情報がありました! もし大人気モデルの国内仕様になったら、いったいどんなメリットがあるのでしょう?

ニンジャ1000の国内仕様化は、かなり夢が拡がるニュースかも?

2017年モデル Ninja1000SX(写真は欧州仕様)

インターモトで発表された2017年モデルのニンジャ1000はスタイリングの大幅なブラッシュアップに加えて、ECUマッピングの変更でさらにスムーズかつ上質な走りを手に入れ、装備面でもLEDヘッドライトやウインドスクリーン、シートの変更を受ける予定と発表があったばかり。
それだけでもかなりビッグニュースなのに、ここで新たに衝撃情報が飛び込んできました!
今までニンジャ1000っていうのは逆輸入車だったんですけど、2017年の春を目安に国内仕様車として発売を調整中、だと言うのです! マジか……

ところで、国内仕様になると何が変わるんでしょう?それが気になりますよね。
国内仕様の詳細はまだ発表されてはいないんですけれど、考えられることを書いてみますと……

やっぱり流通方法が変わるから、車両価格がおそらく安くなる!と思うんです。

もちろん国内仕様だから180km/h速度リミッターは搭載されるでしょう。でも今のニンジャ1000は世界最高速を掲げるバイクではありません。それは今やカワサキだと「H2」や「ZZR1400」の使命です。現代のニンジャ1000は、どっちかっていうとスポーツツアラーなのです。サーキットを走るのでなければ、ツーリングでそんなにスピード出す訳もないですからね。イイと思います!
最高出力が大きく下がるというのも、ここ最近の流れでは考えにくいですしね。

プライスダウンのほかにも、メリットがあるように思えます。

あとは日本仕様になると期待したくなるのは、やっぱりETCの標準装備でしょうか。逆輸入車には期待すべくもないけど、国内仕様というなら話は別です。ETCは標準装備されたら嬉しいナァ……。

スタイリングが変更されてもっとカッコよくなっちゃって、エンジンの特性はより上質&スムーズ。LEDヘッドライトで高級感もアップしつつ、ツアラーとしてウインドスクリーンやシートなど快適性がアップ。しかも、仮にプライスダウンされてETC標準装備なんてことになったら、ヤバいです。これは魅力が3倍増しでしょう! ニンジャ1000の国内仕様、これは続報が楽しみです!

ニンジャ1000の他に、Z1000やNinja650も国内仕様に

ニンジャ1000の国内仕様化と同時に発表されたのが、兄弟車ともいえるストリートファイターのZ1000やミドルクラススポーツのニンジャ650の国内仕様化です。これもニンジャ1000と同様の動きが予想されますね。やっぱりこれらもプライスダウンがありえるはず。こっちもワクワクしますね。

ニンジャ1000をはじめとした3モデルの国内仕様。単純に「国内仕様として発売のために調整中」っていうだけでこんなにワクワクするなんて、さすがはカワサキ。来年の春の本命はコレか!?

コメントを読む・書く
PR 映画『東京喰種 トーキョーグール』 2017年夏公開!
Next

This article is a sponsored article by
''.